読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Labo.299

いつも「なにか」をじっけんちゅう。

【検査通院記録:前編】院内引き回しの刑にあいましたの巻

つういんにっき 病気のこと
目に明らかな異常がないとお医者さんは動いてくれません

 座椅子生活をこじらせて、まともに歩くことができない、という話を前に。 生物学上女なのに左にだけ玉がついてしまい、かかりつけ医では腫れ物系はどうすることもできないから、総合病院への紹介状を書いてもらい、そこで診てもらうことになったよ、って感じの報告だったと思う。あ、あと座椅子ヤバイみたいな。

 これが「腫瘍複数、悪性の可能性あり」まで発展してしまった\(^o^)/オワタ

 私は、原因不明の全身疼痛ともう6年くらい付き合っている。両足裏のむずむず感に始まり、背中の違和感、首肩の痛みは凝りなんてものではなく、ほとんど炎症を起こしているみたいだ。じわじわと全身に何らかの不自由を感じ、いろんな病院へかかったものの、検査結果はいつも無罪。γ-GTP中性脂肪の数値と低体重の異常くらいで他はピンピンしてる中発見した左足付け根の「しこり」。他人から診ても判る異常がないと、医者ってなかなか動いてくれないのね。経過観察からやっと前進したよ!

 酒の呑み過ぎで脳が萎縮して運動障害の線もあるけれど(むしろ濃厚)、そんなわけで、かかりつけ医の紹介状を握り締めて医療センターの外科外来へ行ってきた…のが今月上旬。ちなみに、いまだに回答が出ていない。大病院待たされるis辛い(´Д⊂ 何のための紹介状だよ、何のための予約なんだよォォォ!!

f:id:Labo299:20150824222343j:plain

院内オリエーテーリングという名のたらい回し

 待たされること1時間半にようやく呼ばれる。予約してこれは長いか短いのか、病院側の人員的な都合や患者さんの数が絡むため一概には言えないけれど…予約の意味、無くね?(ボソッ とりあえず入室…したと思ったら何故か整形外科へ回される。え?

 聞けば、紹介状の中身の宛先が「整形外科担当御机下」となっていたらしい。でもこっちは外科って聞いてたし、持参した封筒の外側にもしっかりと「外科担当御机下」と書かれていた。どうやらこれはかかりつけ医のポカらしい、くっ…。

 まぁいい。後で定期外来の時にでも「宛先間違えてやんのーやーい、ドジおやじー」と言葉責めでもすればいい。不可解なのはこの時の外科の対応。紹介元に一本電話して裏を取れば済む話なのに、頑なに「一度整形外科へ行ってきて」って何。

 個人情報云々でむやみに病院間で患者の直接的な問い合わせをしてはならないのだろうか。とりあえず整形外科に行く。案の定「外科ですね、戻って」。そりゃ、しこりの類を診るのは整形外科より外科だろう。ハイ、無駄足、無駄足 ┐(´д`)┌ヤレヤレ

 整形外科がすぐ隣(下記MAP参照)なのがせめてもの救いだったよママン。

 再び外科に戻って事情を説明すると、今度はすんなり中へ通してくれた。軽い問診のあと、診察台に横になって触診…したら「ちょっと一度血液内科に行ってきて。で、また戻ってきて下さい」だ、とぉ…? いやがおうにも高まる不安。

 さて、また流されて血液内科。腫瘍内科という、聞くだに重々しい科と隣接している。ここでも待たされそうだったので何か読むものでも…と思って各種パンプ、冊子などが立てかけてあるラックを物色すると、見事に「医療カツラ」一色。あぁ重い…。

 ここでは検査用に血を6本も抜かれた…_:(´ཀ`」 ∠):_prpr これがまた別の場所でやるのよね…。そしてCTとX線はこれから空きがないから、ということで1日目終了。外科→整形外科→外科→血液内科→採血室→血液内科→外科→お会計。おぉ、ゴールか。

f:id:Labo299:20150825005736j:plain
【画像引用】仙台医療センター 外来診療のご案内

 外科と血液内科と中途半端な位置にある採血室の往復がキツかった。というか、ちゃんと事前に「歩行等の運動障害あり」って説明した(紹介状にも書かれてたハズ)のに、何なのこの歩け歩け大会/(^o^)\ MAPじゃわかりにくいかもしれないけれど、この病院、バカみたいに広いんだぜ。おまけに通路狭いんだぜ。患者ぎうぎうなんだぜ。

今後の予定→病院の事情があり過ぎて何度も通うはめに

 いやー…、でっかい病院って大変ですNE。自科のこと以外は一切関知しないっていうのがよおぉく判った。後編で書くけどPET/CTというアトラクション(笑)にも乗り、その結果が外科にも届いているのに「紹介したのは血液内科だからそっちで訊いて」だって。すごいこの「お役目」のキッチリした線引き。

 また、複数の科を掛け持ちで受診することになると、担当医の当番制がコトの進行をとても邪魔してくれる。そりゃあ、病棟の巡回や往診も大事ですよ。おつとめご苦労様です、としか言いようがない。一方、私は早く結果が知りたい、ASAP。それを説明してくれるなら別に他の先生でもいい。データ片手に代役を務めて貰えれば誰でも。

 ここらへんの融通が利かないのが大病院たる所以。あくまでも初見で診た先生を主治医とし、その人のいる曜日時間帯にこちらが合わせなくてはならない。現在、外科と血液内科を受診しているが、2つの科の主治医の都合がピッタリと合い、1回の通院で済むチャンスはなかなかない。仕方ないから別々に予約…あああめんどくせぇ。

 しかし、さすがにこちらも今回ばかりは命が掛かっているため、多少の理不尽な思いを呑み込み、言われるまま従っている。何となく急がなきゃならん気がするでしょ、しこりって。しかも血液内科に回されたとか、もう悪い予感しかしないよね。というか、通院費がすごいです、大爆発…!!_:(´ཀ`」 ∠):_prpr
 
 次回は血液内科外来から。いきなり検査アウトソーシングの巻。